So-net無料ブログ作成
検索選択


話題のドライブスタイル!車中泊!

車中泊 車 [車中泊 車]

車中泊を車で ( ̄∇+ ̄)vキラーン

楽しいっちゃ、楽しい。

そこに、「パーキングプラン」っていう選択肢を提供してくれるお宿が現れました。

「アゴーラ・ホテルアライアンスの南山荘(所在地:静岡県伊豆の国市長岡1056、支配人:西尾恵介、客室数:33室)は、2015年1月20日(火)より、車中泊スタイルの旅に最適な「パーキングプラン」を販売いたします。」だそうです。

なんといっても温泉につかれる ( ̄∇+ ̄)vキラーン

ラウンジやトイレも、洗濯機や乾燥機、ビュッフェまで♪

これは、新しい「車中泊」スタイルかも。
----------
期間】通年
【料金】平日2,000円、休前日2,500円(1台)
【内容】駐車場、滞在中のラウンジ、温泉、トイレ利用(フェイスタオル・バスタオルレンタルサービス)
【オプション】食事:朝食500円、夕食2,000円(各1名料金)
       その他:洗濯機、乾燥機利用 各500円
※消費税込、別途人数分の入湯税加算
※2名以上での温泉利用の場合は、大人1名辺り500円
※ラウンジの利用は24時まで
※露天風呂は12月1日?2月末日まで営業休止
----------
っていうことなので、一度、行ってみましょう♪


タグ: 温泉 車中泊
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

車中泊 マット オンリースタイル [車中泊 マット]

オンリースタイル マット

オンリースタイル マット


車中泊には、マットがつきものです。

今の一番人気は、オンリースタイルさんの車中泊専用マット。

でも、ちょっと高い?

でも、それだけ快適な夜を過ごせると思うと・・・考えちゃうw

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

車中泊 暖房 [車中泊 暖房]

大雪とかで、やむなく車の中で、過ごさなければならなくなったとき、どのようにするのが、いいのでしょうか?

アンドリングの状態で、暖房をつけっぱなしで、暖を取るというのは、得策ではないんだそうです。

それというのも、車を停車させて、アイドリングをしているだけで、けっこうな量のガソリンを消費してしまうからなんだそうです。

車にもよりますが、1時間のアイドリングをしていると、約1リットルのガソリンを消費してしまうんだそうです。

立ち往生しているときに、今度は、ガソリンがなくなったら、暖も取れない、車も動かないってことになってしまいます。

では、どうしたらいいのでしょうか?

5分アイドリング方式 ( ̄∇+ ̄)vキラーン。

5分アイドリングをして、車内の空気が温まったら、エンジンを切ります。

そのアイドリング中の温度設定は、一番高くしておいて、風量も強にしておくこと。

どうしてこのようなことをするのかというと、エンジンの内の空気は、温まっている状態なので、その温まった空気をできるだけ車内に取り込むためなんだそうです。

アイドリングをして5分ぐらいして車内の空気が温まったら、エンジンを切って、電気だけが使える状態にします。

その時の風量は、弱にして、電気の使用量を少なくするようにするんだそうです。

車は、エンジンを止めても、エンジン自体はすぐには、冷えません。

エンジンは暖かいので、その余熱を車内に取り込むのが効果的なんだそうです。

送風を弱で継続すれば、省エネで暖かさを持続できるんだそうです。

でも、バッテリー上がりだけには、注意を払いましょう。

送風時間というのは、アイドリングを5分したら、その時間と同じ時間でを目安にするといいそうです。

ですが、真冬になると外気温がだいぶ低くなりますので、送風口から出てくる風が冷たくなってきたなって思ったら、送風は、切ったほうがいいんだそうです。

今回のやり方は、エンジンの余熱を利用する方法なので、この時に、エアコン機能を付けてしまうとバッテリーの消耗が激しくなりますので、エアコンはオフにして、送風だけで行うこと。

もしもエンジンがかかりにくい状況のようなときには、エンジンは切らないほうが良いことがあるので、注意が必要なんだそうです。

そして、もう一つ、送風の時には、内気循環で、間違っても外気導入にはしないようにしましょう。元も子もないですからね。

それと、定期的に換気をしないと空気が悪くなることもあるので、注意が必要です。

大雪の時には、マフラーから半径1メートルの雪を取り除くこともとても大事ですね。命の問題ですから。排気ガスのが車体の下とかを回り込んで、車内に入ってきてしまう可能性があるので、中毒死の可能性があるので、絶対にやっておきましょう。

命には、代えられないですから。

上記は、もしもの時の非常事態の時の、暖のとり方です。

もちろん、車中泊に慣れてる人は、車に防寒グッズとかを持っているでしょうから、案ずるには及ばないとは思いますが・・・

タグ:暖房 車中泊
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ワゴンR 車中泊 [ワゴンR 車中泊]

ワゴンRで車中泊って、結構してる人、多いんですね。

確かに、座席を思いっきり後ろに倒せば、寝れないこともないですがw

そこは、やっぱり、フラットにできるものなら、そうして眠りたいものですね。

こちら⇒ワゴンR 車中泊 楽天市場

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

車中泊マップ [車中泊 マット]

車中泊マップって?

おお、これ便利♪

車中泊できる場所を、キチンと整理してくれている。

でも・・・まだまだ、少ないですね。

できることなら、もっと、たくさんできて、1時間以内にいけるところに、何かあるって状態になってくれると、ありがたいんですけど。

贅沢か?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ジムニー 車中泊 [ジムニー 車中泊]

ジムニーで車中泊をするには、相当な覚悟と、工夫が必要( ̄∇+ ̄)vキラーン

その工夫するところが楽しいって話もありますが。

検索とかしてみると、みなさん、本当に苦心というか工夫していらっしゃいますね。

ジムニーという小さな空間を有効利用して、快適に過ごすことって、できるものなんですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

エクストレイル 車中泊 [エクストレイル 車中泊]

エクストレイルで車中泊( ̄∇+ ̄)vキラーン

おお、憧れます。

実際にエクストレイルで、車中泊とかを楽しんでいる人のブログとかを見ていると、その広さに圧倒されてしまいますね。

あれなら、大人でも、ゆっくり横になれるわ♪

ああ、いつになったら、エクストレイルで車中泊ができるようになるのだろうか?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

道の駅 車中泊 [道の駅 車中泊]

道の駅で車中泊( ̄∇+ ̄)vキラーン
うーん。ちょっとワイルドさに欠けるけど・・・
でも、トイレとかもあるし、安心といえば、安心ですね。

最近は、道の駅側も、こういった車中泊をする人達のための設備を整備してくれる方向になってきていくれているのが、とてもうれしいですね。

(ただ、まだまだ、そんなに多くなっていないので、そういう設備のないところでは、マナーとして、泊まらないってことを、徹底しないといけませんね。)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

軽自動車 車中泊 [軽自動車 車中泊]

軽自動車で車中泊って、ドキドキしますね。

なんといっても、その余裕の無さに、いっそうワクワク。
(空間的にも、パワー的にも)

でも、そのドキドキワクワクが、おもしろいんですよね。

最近の軽は、だんだん大きくなってきているし、パワーもそれなりに強くなってきているので、そんなに不満とかは、ないのですが・・・
車中泊をするぞって思い始めた途端に、ドキワクが止まらないってw

準備するのが、楽しみです。

失敗するのも、後の楽しい思い出に♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ハスラー 車中泊 [ハスラー 車中泊]

ハスラーで車中泊がしたい。

せっかくの遊べる車のハスラーを購入したなら、思いっきり、遊びたおしたい♪

「最大の冒険」といえば、野宿( ̄∇+ ̄)vキラーン

ハスラーで、お泊りです。

さすがに、ノーマルのまんまでは、夜はきついので・・・

こちら⇒ハスラー 車中泊 楽天市場

準備不足も、それなりに楽しい思い出に変わるので、レッツ・エンジョイ♪ですねw

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車


車中泊 楽天市場



SEO対策テンプレート

ブログ王ランキングに参加中!



ブログランキング

blogramによるブログ分析

ブログランキング

リンクリックブログランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。